天からの声:「会社のホームページの方もたまには更新しておいてくれ」
あっ、、、こっちの更新全然してなかった...

お久しぶりです。蔵根です。
春作業が始まってからほぼ毎日Facebookは更新していたのですが、こちらのブログは全く手つかずでした。前回更新したのが3月(私が更新したのは2月!)なのでおよそ9か月更新を忘れていました。久々なので、2月のタイに行った時のことから今までの様子をざっっっ...と写真で振り返ります。

まずはタイでの研修旅行。出発時沼田町は-10℃、乗り換えで寄った東京が10℃、到着したバンコクは30℃越えで飛行機を降りるたびに20度ずつ温度が上がり、いきなり体がおかしくなりそうでした。空港からバスで1時間ほどで滞在地のパタヤに到着しました。
高台からビーチを眺めるすごい数のボートでした。曲線のビーチに観光地が隣接している様子を見ると、ハワイのワイキキに近いものを感じます。

なぜ電線がこんなにごちゃごちゃになるのか...?どこに行ってもこんな感じでした。
とにかく暑かった.JPG

市場や出店にはカラフルな色の果物がいっぱいでした。ドリアンのにおいは最後まで苦手でした。
ドリアンのにおいにやられました.JPG
スーパーでタイ米を見かけました。1袋何kg入ってるか忘れましたが、5から10kg入ってると思います。1番高くて1000円くらい。やっぱり安いなと思いました。
1袋どのくらい入っているのか.JPG
ショッピングセンターの中にあった謎の提灯。タイ国内ではたまに見かけるようです。
恥骨をノックとは.JPG

ボートで30分くらいのところに、ビーチのきれいなラン島という島があります。ここにも行ってきました。
インド人にめちゃくちゃ話しかけられた.JPG
ホテル周辺などは「ソンテウ」というバスと乗り合いタクシーを足したような乗り物で移動します。解放感抜群すぎて気持ちいいです。
ドキュメンタリー番組風.JPG
帰国前日にはバンコクに戻ってきて寺院などを回りました。
思ってた以上に大きい.JPG
夜は個人的にインスタ映えで有名な「ラチャダー鉄道市場」まで行ってきました。帰りは地下鉄⇒高架鉄道⇒船を乗り継いでホテルまで帰ってきました。
インスタ映えでおなじみのばしょ.JPG
滞在中ずっと暑い日が続き体調が悪くなりかけた日もありましたが、とても楽しかったです。では今回はここまで...とはなりません。ここから怒涛の作業を振り返ります。

まず、タイより深夜に帰国して、翌日朝から札幌で研修でした。
この研修中の様子は農業新聞に載りました.jpg
1年の作業が始まる前に、水稲栽培の基礎的な知識を学ぶことができ、大変いい機会でした。ゆめぴりかの食べ比べもありました。高品質(低たんぱく)のゆめぴりかと低品質(高たんぱく)のゆめぴりかを食べ比べ、高品質の方を当てるという研修でした。食べ比べるとその差は歴然。米は量がたくさんとれることはもちろん、質も大変重要だということを実感しました。
違いの分かる男になれるか.jpg
1泊2日の研修が終了した翌日には屋外作業開始です。この日からほとんど毎日Facebookを更新していました。そちらを見たら時系列順に作業の様子を追うことができます。
シーズンスタート.jpg
積雪は少なめで融雪が早かったため、順調なシーズンスタートでした。
風向きを見誤ると顔に掛かって真っ黒になる融雪剤.jpg
今年は「置き床鎮圧育苗」に挑戦しました。ローラーで育苗ハウス内を固めて、そこに苗箱を並べました。個人的な感想は苗を地面からはがすときの力は3から4割少ないように感じます。また、苗の成長が少し早いようにも感じました。
バンバン.jpg
播種後数日で芽を出します。春先の研修などのおかげで、今年は苗の成長の様子を少し理解することができました。
ぽつぽつ.JPG
このころ、ヒマワリなど花の播種や定植も始まります。
だーい好きなのはーひまわりのたねー.jpg
花卉は基本的には昨年と同じものを植えましたが、てまり草では「グリーンウィッキー」という輸入物の品種に挑戦しました。ポットではなくビニール袋に入って届き、初めて見るパターンでした。
スーパーに売られてるカット野菜風の苗.jpg
トルコギキョウは「ボンボヤージュ」という、去年と違う品種を定植しました。
トルコの独立記念日は10月29日.jpg
5月になりゴールデンウィークには、連休を利用して前田さんのご兄弟が会社に遊びに来てくれました。短い時間でしたが、一緒に仕事をすることができて、とても楽しかったです。
なかよし兄弟そしてみんなそっくり.JPG
4,5月にはアルバイトの田中くんが私たちの作業を手伝ってくれました。一番忙しい時期なのでとても助かりました。
田中くんお疲れ様.jpg
とうきびを播種して
みんなでとうきび播き.JPG
大豆の播種もして(写真はないけどビートも播種して)
機械で大豆播き.JPG
代掻きもして
インスタ映え風トラクター.JPG
さて田植えです。今年も派遣会社さんからたくさんお手伝いに来ていただきました。
自動運転中.JPG
田植えが終われば春の一連の作業終了...とはなりません。まだまだ植えます。
そば(写真はないけど)やトマト
この日風が強くて目にたくさん泥が入った.JPG
おもちゃカボチャ
2020年のハロウィンは10月31日土曜日.JPG
サツマイモ
斜め45度.JPG
ありとあらゆるものを植えている6月上旬、ある日の朝出勤してヒマワリのハウスを見てみると
わかる人はわかる恐怖映像です.jpg
めっちゃ咲いていました。開花が揃いやすい品種だったのか、1日で125箱出荷した日もありました。このヒマワリが採り終わり、小麦の花が見ごろ(?)を迎えたころまで怒涛のように過ぎていきました。
小麦の花が見ごろを迎えています.JPG
6月下旬から7月にかけては各種管理作業で少し余裕があります。この期間を利用して、個人的に昨年も参加した「雪の市民会議」と農業大学校の研修に参加してきました。2つの研修合わせて、ほぼ1週間不在でしたが、有意義な勉強ができました。
この会の前に寄った原宿で鈴木宗男さんに会いました.jpg
ご飯美味しかった.jpg
夏の沼田町はビールパーティーがたくさん開催されます。そのたびに抽選会があるのですが、これが意外と当たります。我が家もテレビが当たりました。

商品券が当たってうれしそう.JPG
7月も下旬くらいになると、各作物の収穫が始まります。ミニトマトはドライトマトに加工しました。まだ、店頭に並んでいると思います。

ドライトマト好評発売中.jpg
小麦は過去に比べて、とてもいい結果で、豊作となりました。融雪が早かったためでしょうか。春先から何度も見に行ったのですが、草に勢いがあって小麦畑を見るたびに元気になりました。
私たちの小麦はうどんになるらしい.jpg
ブルースターは暑い時期の採花になったため、とても苦労しました。花は暑さですぐにダメージを受けてしまうということを痛感しました。
ブルースターと検索すると花言葉怖いと出てくる.JPG

てまり草は昨年よりもたくさん採れましたが、輸入もののグリーンウィッキーがあまりうまく生育せず、ボリューム感はあったにもかかわらず数が十分とれませんでした。
インスタでてまり草と検索するとカッコよくアレンジされた写真がいっぱい出てきて楽しくなった.JPGおもちゃカボチャは個数は予定数くらい収穫することができ、サイズも昨年より大きかったのですが、値段が振るわず少し物足りない感じでした。
かぼちゃは腐ると爆発する.jpg
とうきびはあまりたくさん採れませんでした。皮むきにはたくさんの人に手伝ってもらいました。毎年来てくれる方もいて、とても感謝しています。ありがとうございます。
たくさんの人に助けてもらいました.jpg8月の中頃から、私たちの畑の近くでクマが良く出没していて、ソバの畑の近くに罠が設置されていました。この写真を撮った数日後、この罠にクマがかかりました。近くで私一人で作業していたこともあったので少し怖かったです。
この数日後にこの罠にクマがかかりました.JPGこの時期になると沼田町内は「夜高あんどん祭」モードになります。今年も私はお客さんでしたが、前夜祭から含めて3日間、とても楽しかったです。

今年も雨だったけど最後の最後でビニール取れました.JPG
お祭りが終わり8月下旬から9月、10月と本格的に大きな収穫期となります。
ソバは6月ごろの干ばつ・少雨の影響から回復することができず不作でした。播種後に何度か畑を見に行ったのですが、いつまでたっても芽が出なかったのを覚えています。
SOBA.jpg
ハウストマトは好調でした。尻腐れが出てしまった時期もありましたが、それでもいい結果でした。シーズン後半でも暖かい日が何日かあったため、10月に入ってからも収穫し続けることができました。採れたトマトはそのまま食べても甘くておいしいのですが、町内の加工場に運ばれてトマトジュースに加工されました。いろいろな物産店で売られているので、見かけたら是非お飲みください。
IMG_20190829_084034HD.jpg
トルコギキョウで初挑戦した品種「ボンボヤージュ」は花が大きくてきれいなのですが、枝数が増えず、丈もそれほど大きくならなかったので低調に終わってしまいました。
花が大きくてきれいだったんだけどあまりとれなかったなぁ.jpg
ヒマワリはハウス2棟で4作付しました。1から3作目はオレンジ色系の一般的な品種で好調でした。最後の4回目に初めて「プロカットホワイトナイト」という白(クリーム色)っぽいヒマワリを植えて、この時期に収穫しました。色は珍しくて、とても可愛らしい花でしたが、茎が柔らかくて曲がってしまったり選花しにくいうえ、本数もあまりとれませんでした。
白というかクリーム色.jpg

露地のトマトは豊作でした。株数も去年より多かったため収穫に時間がかかりましたが、何とか終えました。この選果台、高さがイマイチで腰が痛くなります。
腰が痛い作業.jpg
トマト収穫から休みなく稲刈りがスタートしました。途中トラブルもありましたが、14日かけてすべての稲刈りを終えました。今年の北空知の作況指数は105でやや良でした。私たちの田んぼは、平年並みかやや豊作になるのかなという感じでした。私は今年の出来のことを勝手に「実感なき若干の豊作」と思っています。
モミ.jpg
大豆は不作でした。ソバ同様に6月の少雨の影響でなかなか成長が進まず、最終的に背丈が伸びてくれませんでした。写真は6月下旬ですが、この時点でもう少し大きくなっていてほしかったです。
眺めのいい大豆畑.JPG
10月に入ってから土に埋まっている作物の収穫です。ビートは豊作でした。昨年は片手で持てるくらいの大きさのものばかりでしたが、今年は両手じゃないと持てない大きさのものが多かったです。私は個人的にビートの収穫が楽しくて好きですw
ゴロゴロゴロ.jpg
サツマイモも昨年に比べて量、サイズともに良好でした。ほとんどは干し芋に加工されます。もうすでに店頭に並んでいるので、興味のある方は手に取っていただけたら幸いです。
焼き芋して食べたらなかなか美味しかった.jpg干し芋売れ行き好調.jpg
大根を収穫して、全作物の収穫が終了しました。大根はすべて切り干し大根に加工し、先週で加工終了しました。こちらもすでに店頭に並んでいます。
大根洗う時雪降ってて寒かった.jpg
切り干し大根売れ行き好調.jpg
11月に入ってから、秋小麦の雪ぐされ防除に、ドローンをお借りしてデモフライトを行いました。まだ、弊社ではドローンを所有していませんが、今後導入検討するかもしれません。
ドローン.JPG
ようやく時は現在(12月中頃)に...
干し芋の加工やかぼちゃ加工品の試作作成など加工品部門のを進めながら、今年の反省と来年の計画をしています。
IMG_20191126_162249.jpg
去年から今年にかけては、一部花の品種を変えたこと以外は、ほとんど作物の変更はありませんでしたが、来年は別の種類の花に挑戦したり、一部作物の生産をやめたり、新たな栽培方法に挑戦したり...など様々な計画をしています。
IMG_20191212_093410.jpg
私も夏の間やりっぱなしになっていた仕事がたくさんあるため、なかなか時間が足りないですが、しっかり反省計画をしたいと思います。

寒くなり、世間ではインフルエンザが流行しているらしいです。お気を付けください。クリスマス・お正月までもう一息!
長くなりました。ではまた!!!

コメントする




▲このページのトップへ

気が付いたら12月!!!

ホームへ戻る

HOME会社概要経営理念作物紹介従業員募集交通フォトギャラリーお問合せショッピング

(C) WING All Rights Reserved.