2019年初投稿の蔵根です。今年も1年よろしくお願いします!
 本年も始まってから半月が過ぎましたがいかがお過ごしですか?個人的には年明け早々、久しぶりに旅行に出かけ、とてもリラックスすることができました。
 最近ニュースで何かと話題の韓国に出かけてきましたが、特に「日韓関係が...」のようなことは感じず、純粋に楽しむことができました。
 歴史に触れたり...
韓国ドラマっぽいなにか.JPG
なんだか、カラフルな何かを食べたり...
味はおいしいのさ.JPG
刺激的な年始となりました。


 さて、昨日は成人の日でした。新成人の皆さんおめでとうございます。この後、世間はセンター試験、節分、バレンタイン、高校・大学入学試験、卒業式...とイベントが続く忙しい時期に入ります。この中でも、元教員ということもあり、どうしてもこの時期は試験のことをよく考えていしまいます。入試に限らず「試験」というものを少し考えてみたいと思います。

 「試験本番で力を発揮するコツは?」

 という質問をよく受けます。これに対して、最も一般的な回答は「最後まであきらめないこと」だと思います。私もまったくその通りだと思います。過去にこれを実感したエピソードがあるので紹介します。
 私自身、大学入試は国公立大学を一般受験しました。通常、国公立大学は前期、中期、後期と3回出願することができます。幸い私は、前期で第一志望だった北海道教育大学旭川校に合格し、中期と後期は受験する必要がなくなりました。しかし、中期に出願していた、ある公立大学(受験会場は札幌)の試験は受けに行くことにしました。理由は同じ日に北大の前期合格発表があり、友人が受験していたため、それを見に行くという、半分旅行気分での受験でした。
 科目は数学と国語。数学の試験中、ちょっと難しいけど頑張れば解けるくらいの難易度の問題に出くわしたとき、私は普段ならいろいろな解法を試しながら答えにたどり着くように問題に攻め込みますが、この時は「あぁ、もういいや」と少し解法を試しただけで解答をやめてしまったのです。
 続いて国語。現代文は得意科目で自信があったのですが、なんと途中で文を読むのをやめてしまったのです。あとから読み返したらそれほど難しい文章ではなかったのですが、途中で読む気がなくなってしまったのです。

私の場合は「受ける必要のない試験」だったため解答を途中であきらめてしまいました。あきらめた途端に「問題に解答する意欲がなくなり、一気に分からなくなる。一箇所分からないと、連鎖的に分からなくなっていく」というのをこの時実感しました。受験生の皆さん、「あきらめたらそこで試験終了」は本当です。どうかあきらめずに試験に臨んでください。


 試験というと、入試だけではありません。資格試験など何かと人生には付き物です。私は大人になってから「乙四危険物」や「漢検2級」などいくつかの資格検定を取得しました。資格取得のためには勉強が必要ですが、この勉強は私は嫌いではありません。なんとなくフレッシュな気持ちで、新たな知識を頭の中に入れていくことが楽しくなってきます。頭がポカポカした感じと言ったらいいでしょうか(あまり人には理解してもらえませんが...)。
 12月に農業技術検定3級を受験し、本日結果が届きました。結果は、
結果は82点.jpg
 無事合格でした。高校生が受けるような簡単な試験と聞いていたので、あまり対策せずに受験しました。当日問題を見て、わからない問題が意外とあったため、少し不安でしたが大丈夫でした。


 仕事とほぼ関係ない内容となってしまったため、最後に今の社内の様子を報告します。現在来年度の計画を立てながら、営農計画書の作成を行っています。来月には社内の研修旅行も予定されています。
 巷ではインフルエンザが蔓延して、ついに社内にもウイルスの魔の手が...皆様、体調に注意してお過ごしください。受験生ガンバレ!!!

コメントする




▲このページのトップへ

あきらめたらそこで試験終了ですよ...?

ホームへ戻る

HOME会社概要経営理念作物紹介従業員募集交通フォトギャラリーお問合せショッピング

(C) WING All Rights Reserved.