ゲド戦記「影との戦い」序盤より―

ゲド:師匠、修行はいつになったら始まるだね?

オジオン:もう始まっておる。

ゲド:だけど、おれ、まだなんにも教わってねえ。

オジオン:それはわしが教えておるものが、まだ、そなたにわからないだけのことよ。

―オジオン:魔法が使いたいのだな。

だが、そなたは井戸の水を汲みすぎた。待つのだ。生きるということは、じっと辛抱することだ。辛抱に辛抱を重ねて人ははじめてものに通じることができる。ところで、ほれ、道端のあの草は何という?

中略

オジオン:聞こうというなら、黙っていなくてはな。

 少年はぴりりと眉を動かした。自分の愚かさを思い知らされるのは愉快なことではなかった。

 

 ゲド戦記の原作を読んだ2年後にジブリで映画化されたのには驚きましたが、個人的にはハリー・ポッターの様にシリーズでやってほしかったなと思うウイング2年目の前田です、こんにちは。当時は中3で水泳部も引退し、図書委員の特権を活かして本ばかり読んでいましたね。 ゲド戦記1巻

うちの中学校ではHRの15分間を使って朝読書をする取決めがあり、各自好きな本(漫画以外)を持ってくるか、図書委員が月1に任意で借りてきた30冊の中から選んで読むという体制でした。なので僕はここぞとばかり図書委員に立候補し、自分の読みたい本を中心に借りてきていた、とそういうことですね!(もちろん様々なジャンルを織り交ぜるようにはしますが)

たぶんこれは癖なんでしょうけど、リラックスできる場所で好きな本を読みだすとテンションの上昇に伴って音読したくなるんですよね。感情を乗せて読んでいくと楽しいんですけど、人に見られるとかなり恥ずかしいので家族か、とても親しい友達しか知らない事実です(笑)。

国語の時間は音読が合法的にできるのでかなり好きな科目でした!(自分で気付かれてないと思ってるだけで周知の事実という可能性は極めて高いですが)

似たような理由から音楽も好きでしたね。でもこっちは小学生の時に音楽会で合唱をした際、声が大きかったのと音程もしっかりしていたことから最前列で皆をひっぱっていく役をさせられたことがあり、軽くトラウマになりましたが(苦笑)。

僕の中では自分にできることを一生懸命やっているだけなので、褒められるとかなり調子が狂うんですね。何か特別なことをしたかな?という気持ちでいっぱいになります。何より恥ずかしいですし!なのでどちらかといえば怒られる方が慣れていますし、次の指針が決めやすくなるので好きなんですが、こんなことを言うと変態みたいなのではっきり言っておきます。僕は褒められるのが好きです!でも怒られる方がもっと好きです!!・・・墓穴ものですね。

 

問題:植物ホルモンを3つ答えなさい。

(       )  (        )  (        )

 

 ウイングでは少し前に25年度の、粗々ではありますが、実績発表がおこなわれました。慣れる意味もこめて僕と工藤君も自分がまとめた部分を解説しましたが、やはり説明するというのは難しいですね。基本的には発表する前に全てが終わっていてただ話すだけなため緊張はしないんですが、突然「じゃぁここ説明して」と言われるとびっくりして狼狽してしまいます。ここは、自分が手掛けたものは自分が責任を持って首尾完結させる!という覚悟を決めておいたほうがよさそうだということに今更ながら気付きました。心構えができるか否かというのは重要なファクターな気がします。 確固たる意志!

 現在隔週でウイング社員4名+αによるバドミントンをおこなっております。毎年冬になると運動不足になるのでそれを回避しようということで始まりました。初めはみんな慣れていないのでぎこちなく打ち合っていましたが、段々とLvが上がってきている気がします。今後の僕の課題は最初の一打を相手の陣地に入れることですね。それができないと試合が始まらないし、2回失敗したら点を取られるようなので!・・・ことごとく専門用語が使われないのは興味がないので調べる気もおきないからと見知りおけ!ということでひとつ。でもみんなで体を動かすのは楽しいので、集中してゲームを楽しめるようにしたいですね。タッグはお互いの信頼が重要らしいですよ!

  ほとばしる気合 羽・・あれ?消えた?! 火花散る開戦

 7日に酪泳会の今年最後の大会である「北海道学生水泳記録会」通称、道学の応援に行ってきました。去年は拓殖大学のセミナーと猛吹雪に見舞われて断念しましたが、今年はどちらにも見舞われなかったのでアイスバーンにビクビクしながら車で野幌運動公園まで出かけました。 よーーーーーーい・・・・ ラストリレー!1.53秒負けた!! あだっち:違反者はいないかな?

今の現役部員達は僕が居た頃より強い選手が揃っていて頼もしいかぎりです。泳いでいるのを見ていたらこちらも泳ぎたくなったので、当日はアップ用プールとして開放されている飛び込み用の(深さ)5mプールで泳いできました。水のつかみはたまに泳いでるからか当時と同じ感覚なんですけど、やはり体力がついてきてない感じでした。今はスピード練よりも持久練のほうが大事だなと思いました。 私たちが酪泳会です!

結構本気だったアップ(レースに出る気はないですが)を終えて観客席に戻ると間もなく最後のリレーが始まりました。女子も増えてリレーに参加している様はちょっと驚きです。僕らの同期に女子がいなかったのと、選手もあまり入ってこなかったのでリレーにでられず、悔しそうな先輩たちを見てきたので淡い感動めいたものがありました。やはり最後のフリーリレーは盛り上がり、僕もメガホンとカメラ片手(?)に精いっぱい応援しました。同期のカツオ君(現役時主将)が後輩から声小さくなりました?って言われてるのがひそかに面白かったです。 いくつ間違いを見つけられるかな?

その夜、北翔大学の一つ下の後輩が企画してくれた飲み会に参加しました。他に北大、小樽商の人たちも来てて、メンバーの年齢層が近かったし、ほとんどが見知った顔ぶれだったので思いのほか楽しめました。1次会で酔いつぶれたので抜けようかなとも思いましたが、せっかくなので(どうせ今日は帰れないのだし)最後までつきあおうかなと思ったのが運のつきでした。そのおかげで2次会以降にかけつけてくださった酪泳の先輩達とも話せて楽しかったのですが、よもや朝6時過ぎまで飲むことになろうとは予想だにしてなかったですね・・。現役のときでも頑張って2次会止まりだったことを考えると、大人になったなって思いました。決してお酒に強くなったわけではないですからね。途中北大の同期の子の部屋に泊まらせてもらおうか等と策を練ったり、先輩に謝られたり泣かれたりと色々ありましたが、無事4次会まで生き残れて良かったです。日曜日は全く何もできませんでしたが・・・。

 

 問題の答え:オーキシン、ジベレリン、サイトカイニン、アブシジン酸、エチレン等々

植物成長調節物質、植物ホルモンは未だ分からないことが多い分野ですが、紹介という形でさらっと説明します。

植物ホルモンを用いて植物の生長を調節することをchemical control(ケミカルコントロール)と言いますが、例を挙げるとバナナ等のエチレン処理があります。エチレンは老化ホルモンとも呼ばれ、果実の追熟によく用いられます。店頭に並ぶバナナは綺麗な黄色をしていますね?あれは収穫時は緑であったのが、輸送途中(日本にくるまでは緑ですが)にエチレン処理によって黄色く色付いたものらしいです。また、細胞分裂を促進するサイトカイニンや、細胞の吸水成長を促進するオーキシンを阻害する効果もあります。個人的にはトマトの単為結果性を促すトマトトーンが、合成オーキシンから作られていたことにほほーと思いました(笑)

他に有名なのはジベレリンでしょうか。イネの馬鹿苗病からジベレリンの存在に気付いたのは黒沢栄一という日本人でした。現在は果実の肥大、種なしの果物を作るのに使われています。高校の実習でブドウのジベ処理(ジベレリン処理)をし、秋の収穫でホントに種ない!と興奮した思い出があります。農業って楽しいですね!ホントに!

 

 ゲド戦記の話を始めると魂がたぎってしまうので抑えながら解説しますと、幼少時代のダニーという名前を捨て、魔法かけに使う真の名(それがゲドという名でした)をオジオンから授かったゲドは、真に力のある魔法使いからついに魔法を授けてもらえるとワクワクしていたわけですが、そのゲドに師匠であるオジオンが言って聞かせている場面ですね。

この時のゲドの気持ちはとてもわかるんですが、最近はオジオンの気持ちも少しはわかってきているので微妙な気持ちです。今言えることは、気付けたことを大事にしてそれを活かすよう頑張らなければいけないなということだけです。前々から言っていることではありますが。ゲド戦記で語られる言葉は難解で実感を伴って理解できることは少ないですが、経験を積んでいつか理解できるようになりたいと思います。 ゲド戦記シリーズ

 最近RPG(ロールプレイングゲーム)ばかりだったので、たまにアクションゲームをやってみると以外と面白かったです。最初ゴッドガンダムが熱い!と思ったものの、マスターガンダムの汎用性の高さには驚きました!さすが師匠ですね!

と、そういえばもうすぐクリスマスですね。誕生日だろうがクリスマスだろうが平日と同じ僕には関係ないですけど、最近のクリスマスの思い出は2年前のゼミの先生のお家でしたものですね。先生がクリスチャンなのでクリスマスの起源を教えてもらったり、聖書を読んだりピアノを弾かされたり(!?)お祈りをした後に、先生の奥さんが作ってくれた料理をいただきました。とっても美味しかったです!今年は、というより考えもしていなかったですが、いつも通り本を読んだりゲームをして終わりそうですね。クリスマスはイエスの生まれた日です。皆でその誕生日を祝いましょう!(クリスチャンでもない人が起源も知らずに祝っているのはかなりおかしな気がしますけどね)

今年もあと僅かですが、皆さん風邪などひかないように気を付けましょう。お正月明けの人間ドックには決して引っかからないですよ!

コメントする




▲このページのトップへ

本は異世界への扉

ホームへ戻る

HOME会社概要経営理念作物紹介従業員募集交通フォトギャラリーお問合せショッピング

(C) WING All Rights Reserved.