とある曇天のハウス内にて―

工藤君:・・・今誰かに呼ばれませんでした?

僕:・・・だね、行ってみるか。

―黒い影が見えた選花場へ行ってみると・・

僕:あれ?誰も居ない?

工藤君:空耳でした?でも確か前田さんの名前呼んでましたよね?

僕:・・・・ぇ・・・・・・・・・・・・?

工藤君:・・・・あ、俺浦田さんに呼ばれたんでちょっと行ってきます。

僕:・・・・・・・(ちょっ!一人にしないで・・、怖っ!!!!)。

 

 こんにちは、ウイング2年目の前田です。怖い話の大半は見間違い等の勘違いと言われます。僕もそう思います。僕自身はこの世ならざるものを見たことが全くないので霊感のようなものはないと思われますが、そういうものが見える人がいる。そしてそういう話がある。火のないところに煙はたたない、とすると・・・・・?何せ怖いものは怖いんです!というわけで問題です。

 

問題:植物の多量要素である3元素を答えなさい。

答え:(   )・(   )・(    )

 

 

 ウイングのお盆休みは例年8月の中旬なので、今年も3連休があり、各々有意義な休みを満喫させていただきました。僕はというと、父方の祖父が―という書き方は一緒に暮らしてた家族に対して何か他人行儀な響きを感じるので―おじいちゃんが9日に他界しまして、そのお葬式に出席するため急遽休みをいただき、兵庫へと帰りました。炭鉱で鍛えた筋肉質な体は、今はどこまでも細くて面影もありませんでした。2年前から危ないと言われていたので心構えはとうの昔にできていたはずですが、お葬式で棺の中のおじいちゃんを花でいっぱいにするところで何故か号泣。僕を含めた6人の親族で霊柩車に棺を入れた後数分間収まらず、僕の身体はどうかしてると思いました。・・飾られた花の中にウイングでも作っているトルコキキョウがありまして、何故かそれが強く印象に残りました。きっと一生忘れないような気がしますね。

 

 それでは問題の答えです。

(窒素<N>)・(リン酸<P>)・(カリウム<K>)

農業高校で教わったのは、Nは葉肥えといわれて、茎葉に関わる栄養素。Pは実肥えで果実に関わる栄養素。Kは根肥えで、根っこに関する栄養素。植物が最も吸収するのはNです。けれど最も形態変化をするのもNですね。具体的にいうと雨で流れてしまったり(流亡)、ガスとなって抜けていったり(脱窒)、土壌中の微生物によって形がクルクル変換されたり(硝化)といった感じです。因みに脱窒によって窒素ガス(N2)となり、空中に逃げてしまったNを利用できるのがマメ科植物です。厳密にいえば根粒菌と共生しているマメ科植物ですが、そのメカニズムについては忘れてしまったので追々勉強し直したいですね。つまりマメ科植物は他の植物に比べ、N施与量は少なくていい!これは常識レベルなので覚えておきましょう(って常識のない僕が言うなって感じですね)。長くなりそうなのではしょっていくと、PはDNAの元となる元素なので必須元素になります。蛇足ですが、カルシウム(Ca)の吸着剤にもなるらしいので骨を丈夫にするにはCaだけではなくPも大事だという話を聞いたことがありますね。Kは植物体の構成成分にはなりませんが、Nの同化といった物質合成を促す触媒として機能します。また、堆肥やスラリー等を用いた圃場の場合、Kが欠乏することはまずないらしいです。

 

 9月になり、段々と寒くなってきましたね。去年は9月いっぱいまで暑くて、帽子のつばからも汗を垂らしながらびしょぬれになってハウスで作業していた記憶があります。季節の変わり目なので、体調管理に気を付けましょう。

それでは、8月31日に怖い話をきいてから1週間怖過ぎて1人で事務所に残ってブログを書けなかった前田でした!今も工藤君に付いてもらってるけどね!(どこまで怖がりなんだか)

追伸(?)、9月7,8日に大学の水泳部、酪泳会の35周年式典に参加してきました。このうえなく楽しい時間を過ごさせてくれた先輩、後輩、みんなに感謝の念を送ります。こんな何考えてるか分からないような奴でも構ってくれてありがとう!記念品の日付が入ったタオル大事にします。何故かとても嬉しかったので・・。40周年もまた必ず参加したいですね。それでは、また!

コメントする




▲このページのトップへ

お盆休みを終えて

ホームへ戻る

HOME会社概要経営理念作物紹介従業員募集交通フォトギャラリーお問合せショッピング

(C) WING All Rights Reserved.