Aさん:「工藤くん、工藤くん!」

Bさん:「工藤くん?」

僕:(工藤くん「はーい!慌てない慌てない。一休み一休み。」とか言わないかなぁ、ワクワク。)

 

 ―などとバカなことを考えつつ、こんにちは!ウイング2年目の前田です。突然ですが良いこと思いつきました。というとラビに「そういうこと言う奴に限ってろくなこと言わない」と突っ込まれそうですが、冒頭で簡単な農業に関する問題を出題して、後半で答えと解説をしたいと思います。農業についての知識というのは広く深く、以外とみんな知っていそうで知らないことも多いはず。僕自身の勉強にもなりますし、知っていれば何かと役に立つ可能性もあると思います。人生何が起こるか分からない!明日には無人島で農業や狩りで食いつなぐ生活を強いられているかもしれない!・・・とまぁとりあえず今回は腕慣らしということで基本問題です。

問題:土壌の三相分布について答えなさい。

答え:(  相)・(  相)・(  相)

 

 ウイングでは草刈りや除草剤まきに加えて大豆・ビートの抜き草も大体終わり、花の採花やニンニクの収穫、乾燥、水稲の1回目基幹防除、トマト、トウモロコシの収穫等を行っています。

 緑肥すきこみニンニク乾燥中

 

 

 

 

ヒマワリのハウス2棟のうち1棟が終わったと思いきやお次はこれ!

2m以上のヒマワリ

ちょっと育ち過ぎです。ヒマワリの草丈は1mあれば十分なのにその倍以上の成長をするとは、こやつやりおる(友人の口癖)。

てまり草の採花も始まりました。 てまり草

僕は選花されたものを束ねる作業に挑戦しています。児見山さんの指導を受けつつひっしもしで束ねたてまり草は・・・・やっぱりまだ下手くそですね。師匠に追いつける様、精進あるのみです!師匠と言えば、以前とある人から「前よりよくなった」、つまりは仕事が少しはできるようになったと言われました。そして思ったのが、もちろん嬉しさも少しはありましたが、良い師匠の下に良い弟子ができるという考え方。・・とりあえず恥ずかしいのでこれで置いておいて次は―

トマトですね。  

 割れるまで熟したトマト 重くて支えられなーい(><;)

 

 

 

 

トマトについてはこの場では語りきれない苦労を重ねてきていますが、とにかく収穫が始まりました。ジュースに加工するトマトですので、形が悪くても大きさがまちまちでも構わないです。できるだけ熟させることが重要で、多少早くとも取ってしまいたい誘惑と日々戦っております。まだまだ本格化はしていないので一度に取れるのは100kg程度ですが、今後2、3倍くらいにはなると思います。何故か昔からトマトには縁があるので今後とも仲良くしていきたいですね?

 

 それでは冒頭問題の答えです。問題の答え:(固相)、(液相)、(気相)

固相はいわゆる土壌の粒子のこと、液相は水、気相は空気のことです。ベースに固相があり、土壌中の水分変化により液相と気相が変化します。簡単に説明すると、土が灌水や雨等で湿っている場合は液相の割合が増え、乾いていると気相の割合が増えます。因みに、雨によって土壌中のN(窒素)が増えるのは、Nを無機化する微生物が活発化するからです。植物が吸収する栄養は全て無機態なので、堆肥であろうと化学肥料であろうと栄養として見るのであればどちらも変わりはない、というのは僕の配属したゼミの先生の受け売りです。難しいですけど、理解できるようになってくると楽しいですよ。勉強は楽しいものだという風に感じられるようになったのは僕の場合高校生になってからなので、もしかしたら遅いかもしれないですね。

 

 毎日暑くて汗びっしょりですが、体調を崩さない様気を付けましょう!いや、ホントに・・(汗)

最近会社の方々に心配されて申し訳ない気持ちでいっぱいの前田でした!さっきカマを2丁両手に持った工藤君を見かけて「ガラダk7みたいだね」といったら「知りませんよ」って言われてあれ?そこまで有名じゃなかったのかなと思いました(「マジンガーZ」第一話に出てくる2体の敵の片割れ)。それでは、また。

 

 

▲このページのトップへ

2013年7月アーカイブ

ホームへ戻る

HOME会社概要経営理念作物紹介従業員募集交通フォトギャラリーお問合せショッピング

(C) WING All Rights Reserved.