『言葉は沈黙に、光は闇に、生は死の中にこそあるものなれ。飛翔せるタカの、虚空にこそ輝けるごとくに。』(ゲド戦記エアの創造より)

 当時中学生だった僕は、ゲド戦記最後の書までを読み終えた後、また第1巻冒頭のこの1文を読んだ瞬間に衝撃を受けたものです。ウイング1年目の前田です(4月になったら2年目に昇格します)。

 

 先日旭川市にある西神楽夢民村(にしかぐらむうみんむら)に普及センターの国久さんと翔太さん、児見山さんと僕の4人で視察にいってきました。目的は主に経営やトマト栽培について勉強させていただくことです。 西神楽夢民村視察

夢民村では作物の作付やその管理作業、収穫から出荷までを担当する「西神楽夢民村」と、総務・営業・直売・レストラン・周辺地域の作業受託を請け負う「北海道夢民村」の2つで構成され、人手が必要な農繁期でも販売に手が回るように工夫されていました。僕は経営についてほとんど知識がないので、難しい話ではありましたが貴重な経験になったと思います。

現在のウイングではどうしても農繁期になると各々作業に追われてしまい、販売に力を入れられるのは外作業がなくなる冬の時期だけになってしまいます。夢民村のとっていた工夫を勉強することは、ウイングの現状を打破する良いきっかけになりそうな気がします。 西神楽夢民村視察研修

 昨年からウイングでもハウストマトの栽培を始めました。しかし初めて作るということもあって失敗も多く、手さぐりな部分もありました。そこで西神楽夢民村生産技術部青果課の赤川さんにトマトの基本的な栽培方法を教えていただきました。基本的な栽培といっても知らないことばかりでトマトの栽培も奥が深いことを痛感しました。例えトマトを1年間常に観察していたとしても、その微妙な変化に気付いて適切に対処できるようになるまでには何年もかかると思うと赤川さんも苦笑しておられました。僕は赤川さんの話を聞いて、今よりもより良いものを作ろうと努力する姿勢が大事なのではないかなと思いました。すぐにモノにならなくても、一歩一歩努力していきたいと思った視察研修でした。

 

 そういえばようやく農業技術検定の合否通知が来ました。結果は・・・・合格してました。これで心配の種が一つなくなりましたね。休日を潰して札幌まで試験を受けに行った甲斐があるというものです。僕としては一問めのナス科を当てる問題でこけたのが未だに心残りですけど・・。ちょっとした注意が足りなかったばかりに・・、凄く悔しいです。なので合格しててもあんまり嬉しくないんですが、それはやはり贅沢というものでしょうか。 農業技術検定通知

 最後に冒頭の説明をしておくと、要は最初それが何なのかわからなくても、一歩一歩進んでいくことで気付けるようになる、その気付きが大事だという話です。

 それでは、少しずつ日が長くなってきて春の訪れが待ち遠しい前田でした。お父さんにドラクエ10の話をしたらもっとレベル上げろっていわれました。盗賊のカギまであと少し!

▲このページのトップへ

2013年2月アーカイブ

ホームへ戻る

HOME会社概要経営理念作物紹介従業員募集交通フォトギャラリーお問合せショッピング

(C) WING All Rights Reserved.