「じっちゃんの名にかけて!!」はちょっとえぐかったからこっちのほうがまだ好感が持てるウイング1年目の前田です。

血とか内臓等のえぐいのがダメだったりお化けが嫌いだったりするのは幼少期に見た映画やアニメがトラウマになっているのではなかろうか・・・。大魔神の怒った顔(最初ハニワみたいなのっぺり顔だけど腕をスーッと持ち上げると怒った顔になるあれ!)に始まり、強殖装甲ガイバー、地獄先生ぬーべー、学校の怪談等々・・・。あの頃は怖い作品が多かった・・。今見たらさほど怖さは和らいでいると思うけれど、当時抱えていた自分の問題も重なって背筋が寒くなるのは確実だと思う。お母さんに散々「ひえじご」(臆病)って言われたっけ・・。

記憶はよくタンスに例えられたりします。思い出せないのは引き出しが何らかの理由で開かなくなったからとか。余談ですがその原理を応用して、トンカチで頭を叩いて無理やり記憶を飛びだたせる「忘れトンカチ」なるものを昔ドラえもんが使ってました。しかし・・・僕は痛いのは嫌いです!

ある人は箱に例えたりしていました。楽しかったこと、嬉しかったこと、辛かったこと、苦しかったこと等の思い出したいものだけを取り出せるようにそれぞれ別の箱に記憶を整理しているけれど、ほんのささいなきっかけで突拍子もなく色んな箱の蓋が弾け飛んで―みたいな。

僕も後者のように記憶を整理してればマシかもしれないけど、記憶は古いものから順に乱雑に押しこめるだけ押し込んであるので、一つの記憶をたどると少しでも関係性のある別の記憶があれよあれよとくっついてきて何を思い出したかったのかたまに分からなくなります。でもすぐ思い出すところが僕の凄いところですね!(自画自賛)

 

 さて!無事に農業技術検定受けてきましたよ!タイトルはここにかかっていたのに前置きが長くなるのが前田流ということであしからず!

試験当日は5時に起きようと床についたのに6時前に目が覚めるという誤算があったものの予定通りの電車に乗りました(習慣で朝は用事がある1時間から2時間前には起きる予定を組むので寝過ごすことはほぼ皆無)。道中車窓から酪農学園大学を見て懐かしくなったりしながら無事札幌に到着。

会場は思っていた以上に大きかったです。厳かな空気が場を支配していて「結構本格的な検定なんだなぁ」などとなめたことを考えつつ真ん中の列の一番前の席へ。

手応えは・・・・あった!   ことにしておいてください。

何せ1問目のナス科を当てる問題から間違ってました。後日鵜野さんに葉っぱをみて答える問題だと言われて、あぁ!また同じこと言われたぁ!!と反省しきりです・・。高校の時にもそう教えられたのを忘れていた僕が悪いんですが・・・(というかちょっと考えれば気付きそうなものですが)。自己採点では78点で合格ラインの60点はクリアしていたけれど、はてさて実際の点数はいかがなものか。結果は来年の1月末に届くらしいのでお楽しみに。

検定終了後、せっかく札幌まで出てきたのでスポーツ館まで水着を買いにいきました。大学生の時は合言葉を唱えると安く売ってくれたので年齢詐称(年齢関係ないけど)したい気持ちをいなし、普通にお買いもの。でも年末セール中だったのでいい時に来られたなぁと思いましたとさ。

 

 今年も残りわずかですね。無事新年を迎えられるように、できることは今年中に終わらせておきましょう。

 

それではまた来年お会いしましょう。よいお年を! 2012年度集合写真.JPG

 

コメントする




▲このページのトップへ

真実はひとつ!!

ホームへ戻る

HOME会社概要経営理念作物紹介従業員募集交通フォトギャラリーお問合せショッピング

(C) WING All Rights Reserved.