「じっちゃんの名にかけて!!」はちょっとえぐかったからこっちのほうがまだ好感が持てるウイング1年目の前田です。

血とか内臓等のえぐいのがダメだったりお化けが嫌いだったりするのは幼少期に見た映画やアニメがトラウマになっているのではなかろうか・・・。大魔神の怒った顔(最初ハニワみたいなのっぺり顔だけど腕をスーッと持ち上げると怒った顔になるあれ!)に始まり、強殖装甲ガイバー、地獄先生ぬーべー、学校の怪談等々・・・。あの頃は怖い作品が多かった・・。今見たらさほど怖さは和らいでいると思うけれど、当時抱えていた自分の問題も重なって背筋が寒くなるのは確実だと思う。お母さんに散々「ひえじご」(臆病)って言われたっけ・・。

記憶はよくタンスに例えられたりします。思い出せないのは引き出しが何らかの理由で開かなくなったからとか。余談ですがその原理を応用して、トンカチで頭を叩いて無理やり記憶を飛びだたせる「忘れトンカチ」なるものを昔ドラえもんが使ってました。しかし・・・僕は痛いのは嫌いです!

ある人は箱に例えたりしていました。楽しかったこと、嬉しかったこと、辛かったこと、苦しかったこと等の思い出したいものだけを取り出せるようにそれぞれ別の箱に記憶を整理しているけれど、ほんのささいなきっかけで突拍子もなく色んな箱の蓋が弾け飛んで―みたいな。

僕も後者のように記憶を整理してればマシかもしれないけど、記憶は古いものから順に乱雑に押しこめるだけ押し込んであるので、一つの記憶をたどると少しでも関係性のある別の記憶があれよあれよとくっついてきて何を思い出したかったのかたまに分からなくなります。でもすぐ思い出すところが僕の凄いところですね!(自画自賛)

 

 さて!無事に農業技術検定受けてきましたよ!タイトルはここにかかっていたのに前置きが長くなるのが前田流ということであしからず!

試験当日は5時に起きようと床についたのに6時前に目が覚めるという誤算があったものの予定通りの電車に乗りました(習慣で朝は用事がある1時間から2時間前には起きる予定を組むので寝過ごすことはほぼ皆無)。道中車窓から酪農学園大学を見て懐かしくなったりしながら無事札幌に到着。

会場は思っていた以上に大きかったです。厳かな空気が場を支配していて「結構本格的な検定なんだなぁ」などとなめたことを考えつつ真ん中の列の一番前の席へ。

手応えは・・・・あった!   ことにしておいてください。

何せ1問目のナス科を当てる問題から間違ってました。後日鵜野さんに葉っぱをみて答える問題だと言われて、あぁ!また同じこと言われたぁ!!と反省しきりです・・。高校の時にもそう教えられたのを忘れていた僕が悪いんですが・・・(というかちょっと考えれば気付きそうなものですが)。自己採点では78点で合格ラインの60点はクリアしていたけれど、はてさて実際の点数はいかがなものか。結果は来年の1月末に届くらしいのでお楽しみに。

検定終了後、せっかく札幌まで出てきたのでスポーツ館まで水着を買いにいきました。大学生の時は合言葉を唱えると安く売ってくれたので年齢詐称(年齢関係ないけど)したい気持ちをいなし、普通にお買いもの。でも年末セール中だったのでいい時に来られたなぁと思いましたとさ。

 

 今年も残りわずかですね。無事新年を迎えられるように、できることは今年中に終わらせておきましょう。

 

それではまた来年お会いしましょう。よいお年を! 2012年度集合写真.JPG

 

 タイトルの日数は正直1ケタなんだけど気にしないウイング1年目の前田です。あと何日とかいうフレーズを聞くと宇宙戦艦ヤマトを思い出しますよね(僕だけ?)。

僕がうけるのは農業技術検定の3級で農業入門的なレベルなんですが、勉強していると高校のことを思い出します。

授業中に何か農業の検定を初級、中級、上級と1年に一回やってたけど、あれって農業技術検定だったのかな?とか思えども賞状はきっと実家にあると思うので確認もできず・・。

一応は上級まで取りました。筆記は農業鑑定競技の勉強と同じ様なものでそこまで難しくはなかった記憶があるんですが(勉強は当然凄くしましたが)実技が心配でした。何せ本番に弱く気負いがちな人間なので。でも当時は曲がりなりにも農業科の首席だったし頑張らないとな!と努力してましたね。

好きこそものの上手なれ。今楽しいことを精いっぱい頑張ればいいと思います。僕は結果を軽んじるつもりはないですが、それよりも自分の力を本当に出し切れたのかが重要だと思っています。

後悔をしない人生をおくりたいものですね。

 

 もう12月ですね。ぼちぼち年賀状を書き始めているんですが、毎年のことながら一年を振り返ってみると早く過ぎたような日々も重く意味のあることばかりだったなと再認識させられます。全てに気付けるわけではないですが、年々世界が広がることを今は嬉しく思いたいです。

ストーブは・・・・室温が一桁切ったらつけようかな!最近意外とウイングのブログ見られてる?!と気付かされ恥ずかしくなった前田でした。それでは、農業技術検定頑張ってきますので応援よろしくお願いします!!

 

 

 

 

 

 

そいつは突然やってくる・・・

 

「あのリック〇ムは?」 「ロ〇メルです。奴はガン〇ムを見てないといってます!」 

その時、突然船体が傾いた。

「なんだ?!」

次々と落とされていくム〇イ艦隊を目の当たりにしたジ〇ン兵は畏怖をこめてこう呟く・・。

「やつだ・・・・・やつが来たんだ・・!!」

 

 

 というわけで沼田町にも雪が降ってきました。こんにちは、ウイング1年目の前田です。僕は北海道にきて5年になりますが、大学時代は下宿の管理人さんが雪かきをしてくれていたので自分での雪かき経験はあまりなかったりします。加えて車で雪道を走ったこともないので今年はちょっと新鮮です(というか恐ろしいです)。

「管理人さん」と僕がいうたびにお母さんが「なんやったかなぁほら、あれっ!なんとか荘の。思い出すなぁ」といいだすのが毎度のことながらおもしろい。僕も「めぞん一刻やろ?」とか答えてから、(音無響子さんね、というかあそこは荘じゃなくって一刻館て名前なんだけどな)などと懐かしくなります。ほっこりしますね。 雪030.JPG

 相変わらずウイングではデータまとめをしたりする中仕事がメインなんですが、その合間にトルコギキョウの品種説明会と反省会に参加させていただきました!

同じトルコギキョウでも様々な品種があること、品種の特性、そして新たな品種が日々開発されていること等、今まで知らなかったことをたくさん勉強できて有意義な時間だったと思います。反省会では草花類部会に出席して、ウイングで栽培している、ひまわり・てまり草・トルコギキョウについてお話を聞いてきました。正直わからないこともたくさんありましたが、選花や出荷の時にでた問題について話されている時はなるほどなと思いました。改めて自分ができないことや分からないことを痛感し、もっと勉強したいと思いました。

大学のゼミの先生の受け売りですが、分からなかったことが分かるようになるのは素晴らしいことだと思います。普段普通に生活してると、自分が分かってないことが分からないなんてことはどこにでもある気がします。その場では理解している気になっているだけで、いざ「ではそれはどういうことなのか説明できるか?」と聞かれて僕はうまく言葉で表現できたためしはほとんどないように思います。本当に「理解しているつもり」だったんだなと思い知らされて先生の前で悔し涙を堪えきれずしゃくりあげて泣いたことは結構恥ずかしい思い出です。

僕はその人はその人にできることを精いっぱいやればいいと思うし、できないことがあるならただただ努力をすればいいと思います。不器用な人間は不器用なりに頑張ればいいと思う。そして、自分を信じない者に努力する価値はない。

 生きていると打ちのめされることばかりですが、そのたびに強く鍛えられる鋼の様な心でまっすぐ輝いて生きていきたいと思います(ひどく抽象的ですが)。

 

 12月1日に酪泳会今年最後の大会があるので江別まで後輩たち(先輩もいるけど)の応援に行くぞ!!と思い当日を迎えてみると・・。白い悪魔015.JPG

朝からすごい吹雪でした・・・。更に会社から拓殖短期大学で催される農業セミナーにできるだけ参加してほしいということで2兎を追うもの王になる作戦を決行。結果白い悪魔に命の危険を感じて江別に向かう途中で引き返しました。この日は心身ともに疲れ果てたわけで・・・、全く。

 

 来年入社してくる後輩に笑われないように、雪道で車横向いて死にそうになってる場合じゃないぞ!と決意を新たにした前田でした。僕はこの冬生き残れるのだろうか・・・・。

▲このページのトップへ

2012年12月アーカイブ

ホームへ戻る

HOME会社概要経営理念作物紹介従業員募集交通フォトギャラリーお問合せショッピング

(C) WING All Rights Reserved.