昨年から作っている、にんにくについて研究しています。

今、注目しているのがこの『黒にんにく』です。 

ninniku1.jpg

黒にんにくとは?

 ・にんにくを時間をかけて加熱し発酵、熟成させたもの。

・ドライフルーツのような食感があり、甘く、美味しく食べられる。プルーン 

 に似た感じ。

効果・効能

・抗酸化力がふつうのニンニクと比べ10倍も強い。

・血液を浄化してサラサラにする効果が大きい。

・食後のにおいが気にならない。

・刺激物質のアリインが、低刺激のS-アリルシステインに変化しているので、     胃壁を傷つける心配がない。

・長期保存することができる。(3ヵ月?半年) 真空パックなら1年。

加工方法

加工に必要なもの...炊飯ジャー

1.    にんにくを1片ずつバラにする。外皮はむいて薄皮1枚位にしておく。

2.    炊飯器の釜にバラにした、にんにくを入れ保温ボタン。

3.    その後は、忘れずに毎日上下をひっくり返す。

4.    釜の大きさにもよるが、10日?2週間位で出来上がる。ひとつ食べてみてニンニク臭さがなければ、取り出して冷ます。

5.    保存方法は密封できるビンなどが良い。

6.    玉ごと作る場合は上下互い違いにして並べる。ザルなどを敷き底面が焦げ付くのを防ぐ。

だいたい20日ほどで出来上がる。

コメントする




▲このページのトップへ

黒にんにく

ホームへ戻る

HOME会社概要経営理念作物紹介従業員募集交通フォトギャラリーお問合せショッピング

(C) WING All Rights Reserved.