IMG_0249.JPG

 どうも、こんにちは。久々登場のコミヤマです。

いよいよ雪が積もってきましたね。ぼくは深川から会社のある沼田まで通っているのですが、朝なんかは路面が凍結しているので、安全運転を余儀なくされています。

 19日の土曜日に札幌で「日本農業技術検定」を受けることになりました。

1級(農業の高度な知識・技術を習得しているレベル)

2級(農作物の栽培管理等が可能なレベル)

3級(農作物の意味が理解できる入門レベル)

とあって、今回は一番簡単な3級をうけます。今のところ過去問では、全部合格点採れているので大丈夫だと思いますが、結構わからない問題もあったので少し紹介してみたいと思います。全部4択です。

 水稲の分げつ数が最も多くなる時期を最高分げつ期といいます。このうち充実した穂をつける分げつの割合を示す用語として、最も適切なものを選びなさい。                                                                     

   1 発芽率   2 有効茎歩合   3 登熟歩合  4 発芽勢

  次の野菜の中で単為結果し、果実が肥大収穫できるものとして、最も適切なものを選びなさい。

   1  カボチャ  2  キュウリ  3 イチゴ  4 メロン

  ニワトリの品種のうち卵肉兼用種として、最も適切なものを選びなさい。

 1  白色レグホーン種 2  白色コーニッシュ種 3  白色プリマスロック種 4  黄斑プリマスロック種

                 正解は・・・ 
                                     IMG_0251.JPG

1問目 2 有効茎歩合 2問目 2  キュウリ 3問目  4  黄斑プリマスロック種  でした。

知っていれば何てことない問題だとは思いますが、知らないとまったくわかりませんね。たまに質問の意味がわからない時もあるし・・・。

でも、こうやって色々な知識を学んでいきたいなぁ。と思う、今日この頃でした。

 

コメントする




▲このページのトップへ

日本農業技術検定試験

ホームへ戻る

HOME会社概要経営理念作物紹介従業員募集交通フォトギャラリーお問合せショッピング

(C) WING All Rights Reserved.