200912021216000.jpg 200912021501000.jpg

 

 

 

 

 

 

 

   昨日、拓殖大学北海道短期大学で行われた。
「いま、農業がおもしろい!」という農業セミナーに行ってきました。

講師として、西神楽夢民村の島さん、夕張から夕張メロン組合組合長の工藤さん、深川で酪農をされている大森さん、中富良野町でカレー工房等をしている九栗さんがきていました。

島さんは「いま、農業がおもしろい??」バカか!!面白いわけない!!といっていました。
米価は下がりコストは上がっていく補助金無しではやっていけない状態の何が面白いと。しかし、やってて良い事もある、お客さんの笑顔を見たり、家の商品を楽しみにしてくれてる人がいるっていうのはうれしい。とおっしゃっていた。

工藤さんは夕張メロンを作るというポリシーが半端でなく熱い人でした。
テレビで夕張メロンの特集を組まれたときも、タレント達が凄い良い顔でメロンを食べてるのを見て嬉しくなったそうで、消費者が喜ぶ顔それが私たちの生きがいになっていくのかなと感じた。
これらの喜びは私もまだ味わった事ないのでこれからが楽しみだ。

大森さんは京都出身の女性で就農して4年と私より1年先輩なのですが、全国酪農青年女性酪農発表大会で農林水産省生産局長賞を受け、海外への研修などにも行っている。また、農業体験の受入れや若手女性農業者グループの設立など地域との交流も大事にしている。

九栗さんも女性で、そして指導農業士でもあり、私が今回の講演の中で一番惹かれた人です。
shyな私が思わず名刺を渡しに行っちゃうほど魅力的でした。
九栗さんは中富良野で北のカレー工房「きらら」を2ヶ月という短い期間だが食材にこだわって農家レストランを実施している。その他にも修学旅行生の受入れやリース体験工房、出張料理などなどたくさんの取り組みをしている。
そして、生き方や考え方をお手本にしていきたいと感じました。

4人の講師に共通して言えることは周りとのつながりを横も縦も斜めも全部を大切にしてる事、関った人への感謝の気持ちを忘れない事、チームワークの向上を意識してる事、積極的な地域貢献!!
これが突出してるのかなと感じました。

私も、先生方を見習い、人との繋がりネットワークを大切にして、色んな事にチャレンジしていければなと思います。

コメントする




▲このページのトップへ

「いま、農業がおもしろい!」

ホームへ戻る

HOME会社概要経営理念作物紹介従業員募集交通フォトギャラリーお問合せショッピング

(C) WING All Rights Reserved.