指導農業士とは、次代の農業の担い手となる者に対して実践的な研修等を通じて育成指導を行うことや、地域農業の振興等に対する助言・協力等を行う優れた農業者として北海道が認定しています。先日わが代表がこの称号を授称さされたことを祝う祝賀会が昨日行われました。当日ご出席くださいましたたくさんの方々にはお忙しい中本当にありがとうございました。また、この祝賀会の準備等たくさんの方々のもおせわになりました。本当に感謝の気持ちでいっぱいです。この称号に恥じぬよう、地域の発展に貢献し、活発な町づくりに力を注ぐよう、これからもより一層の努力をしてまいります。
追記ですがなぜか画像がアップできません・・・・。昨日から悪戦苦闘しているのですが
ネタが古くなるので活字のみですが更新しました。画像のせることができたら、後日修正します。
いよいよ4月に入り世間も新年度ですね。我々もフレッシュな気持ちで水稲種蒔きに挑みたいものですね。ではまた。

天気にも恵まれ、水稲ハウスビニール掛けも始まりました。
今年は先週の雪のおかげで、地面に雪があるので、
ビニールを広げるのも汚くなくてとてもキレイですよ。
うちらのハウスは、長いもので、全長96メートルあり、
一枚ものですとかなりの重量になるため、
二枚物に分けて合わせて使用しおります。
計画では3シーズン使用する予定ですが、破れたり、ねずみに
食べられたりしてだいたい2.5シーズンに一度取り換える計画です。
新品から3シーズン目のビニールは太陽光の透過率が全然違うので、
苗を育てるのにそれぞれ違った管理を要するので、均一に管理する
ことはとても難しいです。また、一年ごとに縮むので、はじめは長すぎる
ビニールも三年目になるとギリギリの長さになったりして、メーカーに
よっては50メートルのビニールで一年後には3メートル近く縮んだ場合も
ありました。メーカーの方で色々と試してみたい方おられましたら、
是非我が社に提供ください。
太陽光の透過率の推移や
水滴のつきぐあい、
年月の経過に伴う縮み具合など、
データをとってみてはいかがですか?
問い合わせはメールかファックスにて承ります。
IMG_4175.JPG

10日にビートの種蒔きを行いました。専用のペーパーポットに泥を詰め込み、
その中にコーティングしたビートの種を入れて並べていきます。昨年までは
委託していたのですが今年からは自分たちで撒くこととなりました。
IMG_4145.JPG IMG_4148.JPG
IMG_4150.JPG IMG_4157.JPG
専用の紙筒を広げて設置する作業や全般の流れを把握している「K峰さん」を招き、
色々と教わることができました。毎年この時期にしかお会いすることができませんが、
何年経っても変わりなく若々しい「K峰さん」本当にありがとうございました。旦那様
にも毎年ご迷惑をかけていますがこれからもよろしくお願いいたします。
IMG_4143.JPG IMG_4152.JPG

また、三日間の間、仕事を手伝ってくれた三月に高校を卒業したばかりの山岡くん
岩田君、本当にどうもありがとう。慣れない仕事で疲れたとは思うけれど、本当に
助かったよ。稼いだお金を有効に活用し、時々うちらのこと思い出してくれな。
大学に進学するとのことですが、将来は地元に戻って活躍する事を願っているよ。
「農業ばんざい」
IMG_4156.JPG
 

水稲ハウス除雪
IMG_4094.JPG IMG_4096.JPG IMG_4098.JPG IMG_4116.JPG
ハウス鉄骨組み立て
IMG_4123.JPG IMG_4125.JPG
麦の融雪剤散布
IMG_4103.JPG IMG_4104.JPG
心地よい身体の痛みが春のおとづれを実感させてくれます。
今週いっぱいで組み立て完了し、来週からはビニール張りです。

▲このページのトップへ

2009年3月アーカイブ

ホームへ戻る

HOME会社概要経営理念作物紹介従業員募集交通フォトギャラリーお問合せショッピング

(C) WING All Rights Reserved.